Blog コラム

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // オンライン/リモート授業ってどうなの?

Blog コラム

CATEGORY

  コラム

オンライン/リモート授業ってどうなの?

 

コロナが猛威をふるい始め、ニューノーマルが定着し始めてから約1年が経ちました。昨年は学校の休校処置をはじめ、教育業界でも様々な変化が起こった年でもありました。

実は、リモートワークと同じく、これまで教育業界の中でも、リモート授業というものは存在していましたが、その存在はそこまで認知されておらず、また皆様も若干の不信感を持っていらっしゃったと思います。

では、オンラインで勉強するというのは実際のところどうなのか、というところを本音ベースで述べていきたいと思います。

 

授業そのものは再現可能






オンライン授業にはいくつかのタイプがあります。

 

①完全1対1個別指導


講師1人に対して生徒が1人なので、オンラインであっても双方向授業がやりやすいです。最近ではiPadなどで画面共有ができたり、ペンタブもほとんどストレスがないので、この形式であればほとんどオフラインと変わりなく授業が再現できます。

デバイスを2つ以上お持ちであれば、手元を映しながら授業もできるので、分からないところや、理解不足な部分をフィードバックしやすいです。

 

②集団授業


画面共有を用いてホワイトボードさながら授業が可能です。一人一人に画面をフォーカスすることも可能なので、上記の完全1対1授業同様、授業という意味では再現度が高いです。宿題チェックもノートの写真などを提出してもらえば採点も可能なので、授業の遂行に関しては全くストレスがありません。

 

③動画授業


動画授業は双方向のオンライン授業ではないので、上記の2つとは少し毛色が異なります。有名講師の授業を、安く、どこでも受講できるので、上手く利用すれば非常に強力なツールになります。

 

オンライン授業のデメリット







動画授業以外は安くはならない


オンライン授業と聞くとまずはじめに「授業料が安くなるのでは?」と思われる方も多いと思います。動画授業はあらかじめ撮られたものを使い回すため、かなり安く授業を提供することが可能です。また、集団授業の中でも、何百人に対して提供する授業はかなり安く提供されています。

しかし、1対1や1対少数のオンライン授業は、講師原価がオフラインと変わらないため、劇的に授業料が安くなるということはありません。

 

批判的な思考が身につかない?


ある調査によると、液晶などの透過光を用いての読書は、紙などの反射光を用いての読書と比較して、批判的に読むことができなくなるという結果が出ています。

また、アプリの使用を制限しているのであれば良いのですが、タブレットやスマホを使った学習は、SNSなどへのアクセスが容易であるため、なかなか授業に集中できない、または集中を妨害されるようなこともあります。

最近、スマホやタブレットが脳に与える影響がクローズアップされていますが、学習においても少なからず影響がある可能性は高いです。

 

学習管理や学習環境の構築が困難


オンライン授業において1番のデメリットと言って良いのが、この学習環境についてです。オンライン授業では、基本的に授業時間の中でしか講師が生徒を管理できません。もちろん、授業とは別に質問対応が行えるシステムがあれば別ですが、それでも通塾して自習をすることを考えれば、自力で家庭学習を行う時間が増えるのは自明でしょう。

実は、授業よりもこの家庭での自習時間の増加がオンライン授業の1番のデメリットなのです。

 

学習環境が重要なポイント






近年、学習塾(特に大手ではなく、中小の塾)は授業よりも学習管理を重要視するようにななってきています。それは、動画授業の普及により、有名講師の授業を低価格でいつでも聴講できるようになってきたからです。

大手の塾に関しても、授業を重要視していますが、これは授業によって「勉強時間を確保する」という目的の方が大きいと思います。

(特に集団授業では多くの授業時間を確保できます。)

勉強を効率化することは可能ですが、残念ながらどんな優秀な授業であっても、一定量の勉強時間を確保せずに成績があがるなどということはあり得ません。

オンライン授業をご検討の場合は、この「学習管理」と「勉強時間の確保」に注意しながらご検討ください。

 

オンラインの最大のメリット






受験とは少し話が違ってくるかもしれませんが、オンライン授業の最大のメリットは「さまざまな講師と接する機会がある」ということだと思います。

近年動画授業やオンライン授業の普及で、明らかに地域の教育格差は縮小しています。しかし、真の教育格差というのは、高校受験や大学受験ではなく、その先の社会に対する意識に表れます。

私も地方から大学に進学したうちの1人ですが、就職活動の準備はもちろん、社会に対する意識が、都会育ちの同級生とは全く違っていました。もっと早く社会に対する情報が欲しかったと後悔したこともあります。

地方在住の生徒たちが、都会に住む講師とコミュニケーションが取れるというのは、この社会に対する意識格差を縮小する可能性があります。

 

ESCAのオンライン授業






学習塾ESCAではzoom(少数集団授業の場合はTeams)を用いて授業を行います。画面共有で板書を行いますので、生で板書を見るのと変わりなく学習を行うことができます。

また、授業だけではなく、各種オンラインツールの活用により、オンライン授業で見落とされがちになっていた学習管理も行います。

一流大学かつ、一流の企業を目指す(または内定している)講師とコミュニケーションが取れることも、学習塾ESCAのオンライン授業の魅力の一つです。

それでも不安な場合は、オンライン面談に加えて、無料体験授業も行っております。まずはお気軽にオンライン面談、無料授業のお申し込みをしてみてください!
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧