Blog コラム

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // 大学入試における英語外部試験の利用

Blog コラム

CATEGORY

  コラム

大学入試における英語外部試験の利用



茗荷谷、成城学園前の個別指導学習塾ESCA講師、中嶋です。本稿では、大学入試における英語外部試験利用についてご紹介したいと思います。

近年、共通テストの英語を民間企業の外部試験に代替する動きも出てきていますが、まだ正式には採択されていません。

しかし、その重要性は年々高まっており、一発勝負ではなく、受験までに何度か挑戦できる外部試験を利用して合格を勝ち取る生徒も多くなってきました。

 

外部試験とは


大学入試での英語外部試験とは、英検など民間企業が主催する試験を大学入試に取り入れることです。

昨今グローバル化の波を受けて、リーディングやライティングだけに限らず、リスニングやスピーキングまで含めた国際化に向けた4技能型の試験が注目を浴びています。

実際、TOEICやTOEFL、IELTSなどの大学生や社会人向けの英語試験を入試に取り入れる大学を増えてきました。また、ベネッセが主催するGTECや日本英語検定協会が上智大学と共同開発したTEAPが、大学入試の英語試験として顔を見せ始めました。

多くの外部試験がある中で、一体どの民間試験を受ければよいのかを、今回ご紹介したいと思います。

 

英検


恐らく、高校生の中で一番認知度が高い外部試験だと思います。実際、これまでに一度は受験したことがある学生さんも多いでしょう。

英検は、その字面の通り皆さんの英語力を測る試験です。今のところ、最も多くの大学で外部入試として導入されています。

MARCHを英検で受験する場合、二級または準一級が必要です。そのため、少なくとも二級は受かる実力がないと英検利用での出願は厳しいといえます。

ただし、英検の場合、二級と準一級では求められる語彙力も変わってきます。MARCHを一般入試で受けると想定した時、準一級はオーバーワークといえる側面もあるため、無理に受験する必要があるのか疑問符がうたれるかもしれません。

余談ですが、英検は大学入試のための受験という側面だけではなく、さまざまな難易度の試験を利用して、自分がどの程度英語のレベルが上がっているかという目安のために受験するという側面もあります。

 

TEAP


TEAPは、大学受験及び大学教育に焦点を当てて作成された外部試験です。運営母体は英検と同じですが、受験者の幅が狭いものの大学受験での利用がしやすいのが特徴です。

大学での教育現場を想定しているため、大学で学ぶにあたって必要になるアカデミックな場面がメインになります。英語で資料や文献を読むだけでなく、講義を聴いたり、実際に意見したり、文章を書いたりすることが求められます。

上智大学が関与していることもあり、英検に次いで大学入試では支持されています。
MARCHをTEAPで受験する場合、最低でも400点中280点は必要です。また、有名私大の大半は、ここでの点数は出願要件になるため、注意が必要です。

 

GTEC


ベネッセコーポレーションが開催する4技能型の試験です。学生から社会人まで多くの人に受験されています。

共通テストレベルの語彙が基本的に出題されるため、普段の英語学習と並行しやすいのが特徴です。

GTECはTEAPや英検と比べると、やや利用可能な大学数が減りますが、そのほかの試験と比べると、利用可能な大学数は多いです。

MARCHをGTECで受験する場合、最低でも1400点中1100点は必要です。また、有名私大の大半は、ここでの点数は出願要件になるため、注意が必要です。

 

TOEIC


英検の次に耳にすることが多いでしょう。TOEIC対策を売り文句に、巷のコマーシャルでもよく目にすると思います。

TOEICはビジネス現場を想定していることから、大学生の就職活動や社会人での転職活動でしばしば利用されます。

従って、大学受験とは必要となる語彙が変わってくるため、個人的にはあまり大学受験で利用する方式としてはふさわしくないと言えます(受験勉強と勉強の質が異なるため、効率的ではないと言った方が良いかもしれません)。

実際、他の外部試験と比較して、認めている大学は少ない印象です。

 

 IELTS・TOEFL


IELTS・TOEFLは、どちらも留学の時にしばしば使われる試験です。両テストともに、海外大学を受験するときに必要になってきますが、今の国内での大学入試では他の外部試験と比べて、なかなか導入が進んでいません。

実際、試験で求められるレベルも非常に高いため、海外大学を志望しない限り、大学受験においては視野に入れる必要はないと思います。

ただし、大学入学以降に限って言えば、大学院試験などにも利用されることから、TOEICに次いで重要なテストだといえます。

しかし、TOEFLにはJunior向けの試験(高校生までの受験を想定している)も存在しています。また、世界的に見ると英検よりも権威のあるテストです。

ですので、英検同様、こちらも大学入試という位置付けではなく自分の実力を測るテストとして近年利用されています。

 

国公立大学での英語試験状況(一部割愛)


TOEICやIELTS・TOEFLは帰国子女や大学生が試験対象のメインであることから、外部試験から除外しました。
 

・東北地方


秋田大学国際資源学部(英検準一級)
国際教養大学教養学部(英検準一級、TEAP360点)
 

・関東地方


千葉大学法政経学部・理学部・工学部など(英検2180点、GTEC1120点、TEAP280点)
東京海洋大学海洋生命科学(英検準二級、GTEC840点、TEAP160点)
東京芸術大学音楽(英検準一級)
 

・北陸地方


金沢大学(英検1950点、GTEC910点、TEAP225点)
 

・近畿地方


大阪教育大学非英語学科(英検二級、GTEC1070点)
 

・中国地方


広島大学(英検準一級、GTEC1190点、TEAP309点)
山口大学国際総合科学部(英検二級、GTEC940点)
 

・九州地方


九州大学共創学部(英検2300点、GTEC1190点、TEAP309点)
九州工業大学(英検1670点、GTEC650点、TEAP135点)
佐賀大学(英検2050点、GTEC900点、TEAP220点)
長崎大学多文化社会学部(英検準一級、GTEC1140点、TEAP334点)
宮崎大学(英検二級、GTEC970点)
鹿児島大学(英検準一級、GTEC1250点、TEAP334点)

 

 主要私立大学での英語試験状況


TOEICやIELTS・TOEFLは帰国子女や大学生が試験対象のメインであることから、外部試験から除外しました。

 

<日東駒専>


・日本大学


経済学部:英検、TEAPでの受験可能
 

・東洋大学


全学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
 

・駒澤大学


全学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
 

・専修大学


全学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能

どの大学でも英検二級は最低限求められそうです。

 

<MARCH>


・明治大学


経営学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
国際日本学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
商学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能

ただし、国際日本学部に限って、他の学部と比べて求められる英語力が高いです。
 

・青山学院大学


総合文化政策学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
国際政治経済学部:英検での受験可能

ただし、国際政治経済学部に限って、他の学部と比べて求められる英語力が高いです。
 

・立教大学


全学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
 

・中央大学


文学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
総合政策学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
経済学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
国際経営学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
国際情報学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能

国際系学部は他の学部と比べて、英語力が必要であることから、英検では準一級が求められます。
 

・法政大学


文学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
法学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
現代福祉学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
人間環境学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
情報科学:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
キャリアデザイン・スポーツ:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
生命科学:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
グローバル教養:英検での受験可能

グローバル教養学部に限って、GTEC、TEAPが利用できません。

 

<早慶上理>


・早稲田大学


文学部・文化構想学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能
国際教養学部:英検での受験可能
 

・慶応義塾大学


どの学部も、外部試験を採用していません。
 

・上智大学


大半の学部で英検、GTEC、TEAPでの受験可能。
 

・東京理科大学


全学部:英検、GTEC、TEAPでの受験可能

 

まとめ


現状では、英検が最も大学受験での外部試験として利用出来ています。しかしながら、英検で求められる語彙と所謂大学受験での語彙が多少異なるため、英検になじみがなかった方には、少しハードルが高いといえます。

その一方で、GTECは対応大学が減るものの、共通テストレベルの語彙であるため、いつもの受験勉強と並行しやすいです。従って、英検に対して慣れがある方は、英検を利用すると思います。

学習塾ESCAでは、英検をはじめとする英語の外部試験の対策も行なっております。ESCAの生徒の中には、帰国子女ではないにもかかわらず、中1で英検準1級合格(上位6%合格)、中2でTOEFL Junior Goldランク(全世界で英語を学習する中高生の上位7%)を獲得した生徒もいます。

外部試験でお悩みの際は、ぜひ一度学習塾ESCAにお問い合わせください。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧