Blog コラム

体験授業/無料相談受付中

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // 【受験科目で迷っている人必見】理系の社会科選択科目の選び方

Blog コラム

CATEGORY

  コラム 合格者体験記

【受験科目で迷っている人必見】理系の社会科選択科目の選び方



茗荷谷、成城学園前の個別指導学習塾ESCAの講師、真鍋です。本稿では、理系受験生の社会科選択についてご紹介させていただきます。

理系の学部を志望する受験生の多くは、数学や理科などの理系科目、または英語のような2次試験で必須な科目の勉強に多くの力を割いていることと思います。しかし、国公立大学の理系学部の中には、共通試験で社会1科目の受験が必要になる学部もあります。

あまり多くの時間はかけられない中、各科目の特徴や、受験科目をどのように選べばよいか分からない受験生も多いと思います。本稿では、共通試験の社会科各科目の特徴やその選び方について、実際に各科目を受験した元受験生の経験談も交えてご紹介させていただきたいと思います。

 

理系の社会科選択の概要


どんな時に社会科目が必要になるか


まず、社会科目での受験が必要になってくる場合についてまとめます。冒頭でも紹介した通り、国公立大学の理系学部志望の受験生は共通テストの社会科科目を受ける必要があります。

ただし、大学によっては受験を要求しないところもあるので、国公立に行きたいと考えている理系の受験生は、自分が志望しうる学校の募集要項を一通り調べて、社会科を勉強する必要があるか確認しましょう。

また、稀な場合にはなりますが、共通試験で社会科科目を受験していると、文系学部への共通テスト利用入試に出願できることがあります。進路の幅が少し広まりますので、滑り止め校を考える際などに選択肢に持っているとよいと思います。

 

どんな科目があるか


日本史A、日本史B、世界史A、世界史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治経済、倫理・政治経済

と非常に多くの科目が存在します。しかし、この中で最後に「A」とつくものや、現代社会、倫理、政治経済、などは基本的に受験科目として認められないことが多く、実質的な受験科目の選択肢は、

日本史B、世界史B、地理B、倫理・政治経済

の4科目になります。おそらくは学校などでも説明されるとは思いますが、AとBを間違えてしまった、ということがないよう気を付けてください。

(流石に授業選択に関しては学校の先生も関わっているので問題ないとは思いますが、受験本番に受験科目を間違えてしまったという話は聞いたことがあります。)

 

それぞれの科目の特徴と選び方


では、ここからはこれら4科目の特徴と選び方について説明していきたいと思います。その前に理系受験生はどのように社会科に向き合うべきなのかについて、少し触れたいと思います。

これまで説明してきたように、理系受験生が社会科科目で受験しなければいけないのは、共通試験の1科目のみ、です。社会科が占める割合は、共通テストでも1/9ですし、基本的にはそこからさらに2次試験の点数が合否に重要になってきます。

つまり、社会科科目にそこまで多くのエネルギーや時間を割く必要がなく、むしろ社会科科目に力を入れすぎたあまり、他の科目がおろそかになってしまっては本末転倒です。

しかし、難関校を志望している場合は共通テストで高い得点率をとる必要があり、社会の勉強にもそれなりに力を割かなくてはなりません。このように、自分の志望校のレベル感なども考えつつ、以下の説明を読んでいただければ幸いです。

※文系受験生と違い理系受験生は、社会の勉強は共通テストの範囲まですれば十分で、論述対策をする必要はありません。ですから、論述対策なども含めて考えている文系受験生の体験をそのまま参考にできるわけではない点はご注意ください。

では、ここから各科目の特徴や選ぶ際のポイントについて説明するのですが、実際にその科目を使って受験した友人に聞いた体験談も併せて載せていますので、ぜひご参照ください。

 

世界史


世界史の特徴としては、勉強量が多いこと、一方で高得点をとることができること、の2つが挙げられます。勉強量についてですが、4科目の中でも最多だとされています。

私も世界史を受験したのですが、はじめは全く解けず、かなりの時間を費やした記憶があります。しかしそれでも特に難関大学志望者を中心に世界史を受験する受験生が多いのは、90点を超えるような高得点が一番狙いやすい、とされているからです。

あとにも説明するのですが、地理や日本史は超高得点を狙う際、ある種の「壁」のようなものが存在し点数が伸び悩みます。

その一方で世界史は、範囲が広い分問題自体は単純なものが多いので、時間をかけた分だけ高得点をとることができます。

そのため、ある程度ほかの教科の基盤もあり、難関大を狙うにあたって共通テストで高得点を取りたい受験生、に世界史をお勧めします。

 

日本史


日本史の特徴としては、勉強量が世界史並みに多く、また高得点も狙いづらい、ということが挙げられます。

日本の歴史なので、世界史などに比べると楽なようにも思えますが、その分より詳しい知識を問われたり、文化とその時代の情勢を、合わせて理解していないと解けない問題が出題されたり、とかなり多くの勉強量が要求されます。

また世界史に比べて問題が複雑なため90点を超える高得点も狙いにくいです。受験者数自体は地理に次いで多いですが、2次試験の勉強の過程で共通試験の対策をできる文系受験生と異なり、社会にそこまで多くの時間をさけるわけではない理系受験生にはあまりお勧めできません。

 

地理


理系受験生の中で最も人気があるのが地理です。その理由としては、歴史に比べてかかる勉強時間が短く、また理系的思考を使って解く問題も出題され理系受験生との親和性も高い、という点が挙げられます。また、地理は今後必修科されるので、さらに選択者が多くなる科目だと思います。

地理は歴史に比べると暗記事項は極端に少なく、またグラフなどから読み取る問題も多く出題されるため、初めてといた受験生でもある程度の点を取ることができます。

しかし一方で高得点が狙いにくく、また点数にも波があり安定しないといった点には注意が必要です。読み取り問題のような問題の出題は、裏返していえば「暗記したからと言って満点が取れるわけではない」ことを示しています。

また、参考書などでも、覚えるべき知識が体系的にまとまっているものは少なく、どこまで覚えたらいいのか、どれくらい深く勉強すればいいのか戸惑うことがあるそうです。

勉強量が少ないと思われ安易に選ばれがちな教科でもありますが、自分の目標とする点数や、上記のような性質も踏まえて、しっかりと選んでもらいたいです。

 

倫理政経


倫理政経は4科目の中では最も受験者が少なく、学校でもなかなか紹介されにくいのでイメージを持ちにくい方が多いと思います。

しかし一方で、勉強量が少なくても比較的点を取りやすく、また世界史のような高得点をとることも可能な科目であるとされています。

倫理政経を受験した人で、もともと地理を勉強しており、点数が伸び悩んだこと、試しに倫理政経の問題を解いてみたら比較的良い点が取れたことから高3の春に倫理政経を勉強し始めた学生もいます。

倫理分野とは思想史のような分野で、現代文に似た読解問題も見られます。政治経済分野も合わせて、なかなか勉強方法が巷に出回っていないのが難点ですが、教科書を数周読み込んで過去問対策をすれば十分に対応でき、教科書もほかの科目に比べると量が少ないそうです。

多くの学校の場合、授業では地歴を受けていると思うので、他の科目の授業にプラスして独学で勉強しなければならない点はデメリットとなります。

しかし、現在勉強している科目でどうしても伸び悩んでしまった場合、より高得点を目指したい場合などには、受験を検討するのもアリだと思います。

 

まとめ


ここまで、実際に受験を体験した人の意見も踏まえて、各科目の特徴を述べてきました。受験に取り組むにあたっては時間やエネルギーは無限ではなく、限りがあります。それらのトータル量と自分の現在地点、目指すべき地点をふまえて、受験する科目を選んでいただきたいです。

また、少し話がそれてしまいますが、自分が好きで取り組める教科があるのであれば、それにすることをお勧めします。私自身、世界史が一番面白そう、という理由で世界史を受験しました。多くの時間をかけてはしまいましたが、他の科目に比べて楽しく勉強できたので結果的に良かったと思います。

本記事を読んでくださった方が自分なりの戦略を立て、受験を突破してくれることを期待しています。

学習塾ESCAでは、上記のように「好きでは教科を選べない」という学生にも、目標に合わせて戦略的に科目を取っていくというような指導もしています。

受験に対する疑問点や、不安がある方は、ぜひ一度無料体験授業にお越しください。

お問い合わせはこちらから。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧