Blog お知らせ

体験授業/無料相談受付中

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // 【SDGs英語セッション概要】コミュニケーションとしての英語を学ぶ

Blog お知らせ

CATEGORY

  お知らせ コラム

【SDGs英語セッション概要】コミュニケーションとしての英語を学ぶ


茗荷谷、成城学園前の個別指導学習塾ESCAの塾長岸田です。


本稿では20214月から学習塾ESCAの新コースとして設置した「SDGs英語セッション」プログラムについて、概要や設置の目的を書いていこうと思います。


SDGs英語セッション」というと聞きなれないかもしれませんが、本稿を読んでいただき、少しでも興味を持っていただけますと幸いです。


 

SDGs英語セッション概要


対象:中1から高3(大学生、社会人も可)


開催頻度:月2回〜4


英語レベル:英検2級〜準1級程度


開催場所:オンライン


東京大学、慶應大学、早稲田大学など、トップ大学でSDGsに関連する研究を行うバイリンガル講師を招き、SDGsを題材として、ツールとして英語を学ぶのではなく、英語を使ったプレゼンテーションや、コミュニケーションを学ぶことを目的にしたコースです。


2月に開催されるCMAChange maker awards~中高生のための英語プレゼンテーションコンテスト~を目指して、プログラムを進めています。


スピーキングが苦手な場合は11英会話コースもございます。


学習塾ESCAオンライン英会話コース概要はこちらから。


お問い合わせはこちらから。


無料体験(SDGs英語セッションはオブザーバー)もございます。


 

対象となる生徒像


SDGs英語セッションについては、中1から高3の生徒で、ある程度英語を理解し、話せる生徒を対象としています。


これは、学習塾ESCAとして優秀な生徒をふるいにかけているというわけではなく、言語学習はステージや目的によって、学習スタイルを変えなければ、効果が半減するためです。


ある程度言語が使えるレベルになるには、まずはその言語に接する頻度が重要です。これは大手の英会話スクールの得意とする分野です。


例えば、とある大手の英会話スクールでは、海外在住講師の25分間のレッスンを毎日受け


ることができ、その価格が1ヶ月6,500円程度です。


全く英語が話せないという方や、まずは英語に触れる頻度を増やしたいという方は、こちらのレッスンをお勧めしています。


ある程度の英語が話せるように/聞けるようになれば、そこからは英語というツールを使ってコミュニケーションを取るという段階です。


SDGs英語セッションではこの段階(おおよそですが、英検2級以上)にある生徒むけにプログラムを設置しています。


英語力に不安があるが参加してみたいと言う方は、無料で授業参加(オブザーバー)もできます。


 

設置の目的


コミュニケーションとしての英語を学ぶ


受験においては英語のテストで良い点数をとるということも大切ですが、言語学習において真に大切なのは、コミュニケーション/プレゼンテーションの能力です。


(理系科目においても、他者に伝える能力というのは非常に大切ですが、それはまた別の機会に記事にします。)


言語はあくまでも「ツール」です。


自分の言いたいことだけを言う、他者の意見を聞いて理解するだけ、というのはコミュニケーションではありません。


「自分の想いや主張を、ロジックを用いて言語化する」、「他者の意見にも耳を傾け、互いにブラッシュアップする」。これを英語というツールを用いて練習します。


そのため、上記で触れた大手の得意とする英会話レッスンとは少し毛色が違い、下記のような特徴があります。


・専門性の高い英語コミュニケーションができる講師


・ファシリテーターを交えてのディスカッション/プレゼン発表形式の授業


・言語化力(情報発信力)、傾聴力、国際的な課題発見力、問題解決力に重点を置いた授業


 

バックグラウンドの多様性


SDGs英語セッションはオンラインで行なっています。


オンラインで行う理由は、全国のさまざまなバックグラウンドを持つ生徒たちの間で、活発なコミュニケーションを取ってほしいからです。


私は地方出身なので、地方の生徒の気持ちしか代弁できませんが、大学で上京してきた時に感じたのは、地方と都市部の情報格差、意識格差でした。


先日の記事「学習塾ESCAのオンライン/リモート授業の概要とその理念」でも書きましたが、少なくとも私個人としては、地方と都市部の情報格差、意識格差に愕然とした記憶があります。


情報格差と意識格差は、学習のモチベーションはもちろん、その後の人生の選択肢の広さにも大きな影響を与えます。


地方の生徒と都市部の生徒、そして、対象学年としては挙げられていないですが、大人の方の参加も歓迎しています。


あらゆる年代の方に参加をいただくことで、世代間のコミュニケーションも活発になると嬉しいです。


 

最後に


ここまで学習塾ESCASDGs英語セッションの目的や設置の背景を書いてきました。


通常の英会話プログラムと異なり、少し敷居が高いと感じた方もいらっしゃると思います。


上記でも述べた通り、「興味はあるけど具体的な内容がわからないから不安」という方もいらっしゃると思います。


本プログラムはオンラインでの開催ですので、お申し込みいただければ、無料でプログラムへのオブザーバー参加が可能です。


また、学習塾ESCAのブログ内で、授業報告もしておりますので、どんなことをしているか、覗いてみてください。


ご興味のある方はぜひ一度、オンラインでお気軽に体験をお申し込みください。


お申し込みはこちらから。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧