Blog 参考書レビュー

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // 難関大学合格のためのおすすめ参考書(ネクストステージ)

Blog 参考書レビュー

CATEGORY

  参考書レビュー

難関大学合格のためのおすすめ参考書(ネクストステージ)



学習塾ESCA茗荷谷校の講師、中嶋です。本稿では私が大学受験生の時に用いていた参考書の一つである、「ネクストステージ」のレビューを行います。

「ネクストステージ」とは、これから受験を控える方が英語の基礎固めをする問題集です。この一冊だけで、十分東大・京大・医学部への基礎力を十分つけることができます。基本的なモノばかりなので、どの受験生にもおすすめの一冊になっています。東大の理三に現役合格した私の友人は、文法や語法はこの一冊のみでした。彼は、受験の最後の確認も、この「ネクストステージ」でした。それぐらいやりごたえのある問題集なので、ボロボロに使い倒して、英語力を固めましょう。

 

講師(中嶋拓斗) 基本情報

志望校:東京大学文科Ⅱ類

合格校:慶應義塾大学商学部

勉強していた教科:英語、数学、現代文、古文、漢文、世界史、地理、化学基礎、生物基礎

得意だった科目:英語、地理

苦手だった科目:現代文、数学

参考書を用いていた時期:高3夏から冬

 

この参考書をおすすめする理由


3の春から受験勉強を開始し、初めは英文法や英単語の習得に励んでいました。英語自体にそこまで苦手意識はありませんでしたが、河合塾の全国模試でも偏差値60そこそこで、物足りない成績でした。

長文などを読むスピードもそこまで遅いわけではなく、単語もしっかり学習していたので、全く意味が分からないということはありませんでしたが、とにかく文法問題と、和訳問題で点数を逃していました。

原因は簡単で、文法事項が正確に頭に入っていなかったのです。このネクストステージを数周することで、英語の点数は飛躍的に上昇しました。

これまで英語を「なんとなく感覚で」解いてきた人たちにはぜひおすすめしたいです。

「ネクストステージ」


・概要


対象英語が受験科目にある全受験生
目的文法・語法の基礎力向上
範囲文法、語法、イディオム、話法など
使用時期高3春から受験直前まで
難易度共通テストから東大・京大などの最難関大学まで
511ページ、全23章構成

「ネクストステージ」は、どの大学を受験する方にもおすすめの問題集です。フォレストなどの文法を解説した参考書もありますが、個人的には、「ネクストステージ」のみで問題ないと思います。

もちろん、解説だけでいえば少し粗いところもありますが、結局のところ、文法にしろ、語法にしろ、覚えるしかないので、アウトプットベースでガンガン取り組んでいけばいいと思います。

他にも、ネクストステージと似たような問題集があるので、どの問題集をセレクトするかは、レイアウトの好みなど、自分のモチベーションがあげやすい問題集で構いません。とにかく何周も回し、定着させることに意味があります。

 

・取り組み方


(A)問題集への姿勢

文法・語法・イディオム・会話表現・単語/語彙・アクセント/発音の6分野に分かれ、その各分野の中でも、様々なパートに分離しています。実際に、取り組んでほしいのは、文法・語法の二分野だけです。他の分野は個人的にはあまり必要性を感じませんが、もしやってみたいのであれば、アクセントと発音以外に取り組めば良いと思います。共通テストの二週間前に、発音・アクセントに触れておけば問題なしです。

 

(B)問題への姿勢

一問一問、即行解答していきましょう。30秒考えて解答出来なければ、すぐ答えに移りましょう。解答確認後、すぐチェックを打ち、次の問題に移行しましょう。

 

・復習方法


チェックをつけた問題が文法・語法の最後の章まで、たまっていくはずです。最後の章までたまったら、すぐ頭からチェックをつけた問題に取り組みましょう。ネクストステージは選択問題なので、偶然答えが合ってしまう場合もあります。

基本的に「自分がなぜその答えを選んだか説明できる」ことが正解の第一条件です。たまたま当たってしまった問題にも必ずチェックをつけるようにしてください。

また思い出せずに間違えた場合、再びチェックをうち、次の復習に回しましょう。覚える速さにもよりますが、少なくとも問題集を3、4周はすることをおすすめします。


まとめ


「ネクストステージ」は、受験英語に立ち向かおうとする受験生皆さんにぜひ使い倒して頂きたい問題集です。

高校三年生の春のうちに、一通り問題集を完成させ、間違えた問題もある程度解答できるレベルに上げておきましょう。そうすれば、夏以降、英文解釈や英文読解を通じて、飛躍的に成績を向上させられます。

また、夏以降も定期的にチェックをつけた文法・語法だけでもいいので、取り組みましょう。定期的なメンテナンスが、高得点の維持に繋がります。

難関大学を目指している人も、「得点を落とさない」ために文法の単元は確実に身につけておく必要があります。

英語の構文解釈、文法、イディオムを基礎からしっかり身につけたいという方は、ぜひ学習塾ESCAの無料体験、無料相談にお越しください。

 

その他単語に関する勉強法などは過去記事をご参照ください。

効率的な単発知識の暗記法」 など

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧