Blog 参考書レビュー

体験授業/無料相談受付中

HOME // ブログ // 難関私立大学合格のためのおすすめ参考書(1対1対応の演習)

Blog 参考書レビュー

CATEGORY

  参考書レビュー

難関私立大学合格のためのおすすめ参考書(1対1対応の演習)



学習塾ESCA茗荷谷校の講師、林です。本稿では私が大学受験生の時に用いていた参考書の一つである、「 1対1対応の演習 」のレビューを行います。

「 1対1対応の演習 」とは、中級から最難関大学を受験する方が基礎から応用問題へ幅広く学べることが出来る問題集です。問題は基本的なものから非常に難しいものまであり、様々なパターンの問題と丁寧な解説が備わっているため、どんな問題にも対応する力を身につけることができます。この参考書をマスターして、最難関大学にも通用する論理的思考力を手に入れましょう。

 

講師(林 大空郎) 基本情報

志望校:慶應大学経済学部

合格校:明治大学政治経済学部

勉強していた教科:英語、数学、現代文

得意だった科目:英語、数学

苦手だった科目:現代文

参考書を用いていた時期:高3春から冬

 

この参考書をおすすめする理由


数学が苦手な生徒の特徴として、公式に入れて解く問題しかできなかったり、答えを導き出すために自分がどのように解いていくのか筋道を立てられなかったりするということがあると思います。

しかし中級〜最難関大学で出てくるような問題は、解答を導き出すために筋道を立てながら考えなければいけません。

そこで私が論理的に考える力を身につけたい人にお勧めする参考書が「 1対1対応の演習 」です。

この参考書には、公式を知っているだけで解ける問題がほとんどなく、様々な考えを結び付けて自分で解答を導きだす必要があります。難関私立入試のレベルでもこの参考書にある問題を何度も繰り返し解いて完璧にすれば、十分太刀打ちすることが出来ると思います。

特に数学が難しいと定評のある大学では、かなり効果を発揮すると思います。

 

「1対1対応の演習」


・概要

対象中級から難関大学の受験生。
目的論理的思考力をつける。
範囲ⅠA、ⅡB
使用時期高校3年生から
難易度7(10段階中)早慶、MARCHレベル
問題量は少なめ

「 1対1対応の演習 」は、中級から最難関大学における問題を解く方が用いる問題です。基準としてはMARCH以上の大学を受験する方が合格点をとるために用いる教材です。

そのため、公式が疎かになっている方、上記の大学を受験されない方には必要のない問題集です。また、この問題集は一般的な問題ではなく難易度が相当高い問題を扱っています。

従って、ある程度の基礎力がある(センター数学 70以上)ことを前提にしたうえで、一つ上のレベルの問題を解く前でこなす参考書という位置付けです。


 

・取り組み方


(A)問題集への姿勢

比較的少ない量で難易度が高い問題であるため、1日に見開き1ページというイメージで取り組むと効果的です。また、一度解き終えたら終わるのではなく、何度も繰り返し解いて解けない問題が全くないと言いきれる程やりこむことが重要です。

 

(B)問題への姿勢

問題を解く際は途中式をノートに書きましょう。解説をすぐ読むのではなく、ある程度自分の中で考えてみましょう。解説は覚えるくらい読み込み、自分が考えた解き方と何が違うか確認しましょう。公式でつまずいている場合は、問題集を解くスキルが足りていないということなので、もう一度詰め直しましょう。

 

・復習方法


一度参考書の問題を全部解けば、次に解いた時に解き方が全くわからないということはありません。そのため復習でつまずいた時もすぐに解説を読むのではなく、じっくりと考えた上でわからなかったところを確認しましょう。

この参考書にある問題は一度解いただけでは決して力になりません。そのため復習では、「なぜこの答えになるのか」や「この式にはどんな意味があるのか」など自分で一つ一つ理解できるまで、解説を読み込んで復習しましょう。

数学が得意な人は公式をどこでどんな時に使うのか深く理解しています。そのレベルまでいけるのであれば申し分ないですが、数学が苦手な人は初めに解説を読み込み、パターンとして覚える方法があります。ここではじっくりと長い時間をかけて問題の解法を理解して、最終的に公式を覚えるだけでなく上手に使えるように勉強しましょう。


まとめ


「 1対1対応の演習 」は、論理的思考力がためされる問題集です。従って、公式暗記が不十分な方はそちらを優先してください。

問題を解く際、途中式を丁寧に書くことを心がけましょう。この参考書の問題を何度も解けば、論理的思考力は必ずつきます。参考書にある問題は脊髄反射で解答までの筋道が立てられるまで勉強しましょう。

学習塾ESCAでは計算練習や公式暗記なども学習の一つとして重視しています。なぜなら、人間の作ったものにはルールが存在し、それを蔑ろにしては何もできません。成績優秀者で計算の遅い人はいませんし、基本解法がわからない人もいません。

暗記重視の勉強は確かに否定されるべき部分もありますが、最低限のことが覚えられていなければ何もできないのです。

数学が伸び悩んでいる方は、ぜひ学習塾ESCAの無料相談・体験授業にお越しください!

その他数学に関する勉強法は過去記事もご覧ください。

やってはいけない勉強法

暗記と計算を見直そう

など

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧